私は今日に追いつけたのだろうか

ヒキニートからあがいた結果、自営業と副業とアフィリエイトで食えるようになった人のブログ。

LINEやInstagramで稼ぐ方法の嘘!本当は稼げない詐欺の仕組み

LINEやInstagramで稼ぐ方法の嘘!本当は稼げない詐欺の仕組み

LINEは今や国内ユーザー数6600万人以上と言われている。
日本の人口は現在1億2500万人ほどなので、これがいかに強大なシェアなのかがわかる。Instagramは国内ユーザー数こそ1600万人ほどだが、世界には7億人ものユーザーがいる。

こういった大きいシェアを持つコンテンツにいつもついて回るのが「稼げる」「儲かる」という触れ込みのネットビジネスだ。LINEやInstagramでそういった情報をよく目にするが、これがいちいち怪しい。

事実、ネットを使って何かの副業がしたいというニーズは現代社会にとても多い。難しいイメージのあるネット副業だが、いつも使っているLINEやインスタなどのアプリで簡単に稼げると言われれば興味をひかれる人も多いだろう。実際これらアプリのユーザー数は凄まじいし、ツールとしても実に優秀である。本当に稼いでいる人も極一部はいるだけに稼げる期待をしてしまうのも無理はない。

しかし、現実はそう上手くは行かない。断言するが、LINEやインスタで「簡単に」稼げるというのは嘘か詐欺だろう。実際あらゆるSNSで簡単に稼げる系の詐欺が横行している。

稼ぐのが不可能とは言わないが、少なくともアフィリエイトやネットビジネスの知識も乏しく、有名人でもない一般の人が稼ぐためには相当な労力が必要だろう。そもそも素人がそう簡単に稼げるような商売はないのに、それをさも簡単に儲かりそうに言ってくるのがこの手の怪しい情報の特徴である。

今回はLINEやInstagramで稼げると言われている方法を色々検証し、その仕組みや嘘を暴いていく。逆に、本当に儲かる可能性が高い方法は何かについても探っていこうと思う。

「LINEで稼ぐ」系情報とそのツッコミどころ

f:id:syufufukugyou:20171012013337j:plain

LINEアフィリエイトの例

あるブログで紹介されていたLINEアフィリエイトのやり方を例として挙げる。

まずZucksアフィリエイトのようなアプリ向けASPにある、無料アプリをインストールして起動するだけで数百円の報酬が出るタイプのアフィリエイト(twitterのインストール&起動で350円の報酬など)を、合計報酬額が1000円程度になる件数分用意する。

SNSなどで呼びかけてアプリのインストール&起動をやってもらえる人を募る。その際、これをやってくれたら報酬として好きなLINEスタンプを1セットプレゼントします!というふれこみで宣伝する。やってもらう作業の説明テンプレを作る。

スタンプ欲しさに応募してきた人とLINEなどで連絡をとり、先ほどのテンプレを送って、テンプレの指示通り数件のアプリをインストール&起動してもらう。完了したら1000円ほどのアフィリエイト報酬が発生している。

協力してくれたユーザーに報酬としてスタンプをプレゼントする。その際、拡散してくれたら更にLINE背景プレゼントなどの特典をつけ、拡散してもらう。

1~4の作業を充分な利益が出るまで繰り返す。

この方法は相手がちゃんとやってくれれば1000円程度の報酬が発生するし、お礼のLINEスタンプ代を引いても800円前後の利益になる。ユーザーにとってもアプリのインストール&起動だけなので負担が大きくなく、一見うまくいきそうに見える。しかしこういった宣伝は思うように拡散しないパターンが多く、やってくれるユーザーは少ないと思う。

また、たかだか100円程度のスタンプがほしいためにこういった作業をいとわないのはお金のない層だと思われる。広告元としてはこういった宣伝方法で獲得したユーザーは好ましくないはずだ。ASPによっては規約にひっかかるかもしれないのでおすすめできない。

「LINE@で稼ぐ」のツッコミどころ

ネットで多く見られるのが、「LINE@で稼ぐ」系の情報だ。LINE@については知っている人も多いと思うが、いわばビジネス向けのLINEアカウントといった感じのアプリである。「LINE@で稼げる」とよく言われる根拠はわからないでもない。以下のような機能がビジネスにとって便利だからだ。

・自動返信機能があり、友達追加されたタイミングなどでメッセージを返せる
・友達追加された人に対してメッセージを一斉配信できる(個別トークも可能)
・LINE内に専用のホームページ(アカウントページ)を持てる
・無料プランがあり、月1000通まで無料でメッセージが送れる
・普通のLINEとは別物なため、今の自分のLINEアカウントと別に使える

実在する企業(飲食店など)ではLINE@を使ってPRに成功している所もある。しかしながら何も持たない一個人がLINE@で稼げるようになるまでいくかというとかなり疑問である。その疑問は以下のような点だ。

・キャッシュポイントは何にするのか

LINE@があっても売るものが無ければ始まらないため、まずは商材を探さなければならない。ただネットビジネスやアフィリエイトの知識に乏しい人にしてみれば、何を売れば稼げるのかピンとこないだろう。そこを狙っているのが詐欺まがいの商材だ。LINEで稼げる系商材で多いのは、まず「稼ぎたい人」つまりネットビジネスを始めようとしているあなたに「稼げる情報」を買わせて販売権を得させ、次に販売権を得たあなたがせっせとフォロワーを集めてまたその情報を売る、といったもの。「稼げる情報」とはつまり自分と同じことを次の人にさせようという、全く中身のないねずみ講形式のものである。初心者はこういった商材に騙されるか、売るための商材を見つけられないまま終る場合が多い。

・フォロワーをどうやって集めるのか

より大きい問題はこっちだと思う。いざLINE@でビジネスを始めようと思っても、フォロワーがいなければお客さんがいないわけだ。既にホームページやブログやSNSなど何かしらの媒体を持っていてなおかつある程度見込み客がいるのであれば、そこからLINE@に誘導することができる。しかしそういった媒体を持っていない場合はどうするのか。自分のLINEアカウントから引っ張ってくるにしても、それでは知り合いに何かを売りつけることになる。しかもその売り物に興味がある人を集めたのならともかく、いきなりよくわからないものを買いませんかと言われて買う人はほとんどいない。そもそも稼ぐには相当な数のフォロワーが必要である。1000人程度では小遣い稼ぎにもならないだろう。

・LINE@はあくまでツール

LINE@を大雑把に例えるならメルマガシステムと簡易ホームページが合わさったようなツールである。確かに革新的で優秀なツールだと思うし、いかにも儲かりそうに見えるのもわかる。しかしいくら優秀でもあくまでツールなだけであり、稼ぐために肝心な中身(商材やフォロワー)は結局自分で用意しなければならない。メルマガに似ているだけに、稼ごうと思うのなら結局はメルマガアフィリエイトと同じようなことをやる必要があるだろう。だが、メルマガは初心者が簡単に稼げるようなものでは決してない。ある程度利益の出るものを売るためのセールスレターやステップメールを考えるのは容易ではないからだ。それをいかにも簡単にできそうに言ってくる詐欺まがいビジネスに注意しよう。

「LINEスタンプで稼ぐ」のツッコミどころ

一般の人がデザインしたLINEスタンプが販売できる「LINEクリエイターズスタンプ」が開始された当初、ヒットしたスタンプ作者の中には億を超える収入を得た人もいるという。しかしそれはあくまでもLINEクリエイターズスタンプの黎明期だったからこそ。クリエイターズスタンプの登録数が500個くらいだった頃の話だ。

・今後スタンプで稼ぐことの難しさ

2017年現在、LINEクリエイターズスタンプの登録数は40万セットを超え、えぐいほどの飽和状態。8割以上のスタンプは1セットも売れていない状態だという。更に現在審査待ちのスタンプが20万件以上あり、1日1000件以上の新たなスタンプが追加されていっている。莫大な数がいるLINEユーザーだが、有料LINEスタンプを購入するユーザー層はそもそも2割程度しかいないそうだ。更にその層も過去に購入したスタンプがあるため、今後の需要が安定して伸びていくとは考えづらい。120円のスタンプが1セット売れても諸々の手数料を差っ引いて手元に入ってくるのが25円程度のことを考えると、これからLINEスタンプを始めて稼ごうという試みは絶望的に可能性が薄いように思える。

・未だ根強いスタンプ神話

やはりかつてのLINEスタンプ大成功神話は根強く、「当たれば稼げる」と未だに信じている人は少なからずいる。インパクトが大きかっただけに無理もないことだが、残念ながら今後LINEクリエイターズスタンプで稼げる望みは極めて低いのは上記の通りだ。気をつけなければならないのは、今後は稼ぐことを目的にスタンプを作成してはならないということだろう。おそらく現在1万円以上売れているスタンプは全体の1%程度。趣味や販促の一環という目的では意味があるかもしれないが、「稼ぐ」という目的であれば勝機の薄すぎる市場だろう。特にイラストを外注してまでスタンプを作成しようと考えている人などは、まずもってお金の無駄に終わる可能性が高いのでやめたほうがいいだろう。

「LINELIVEで稼ぐ」のツッコミどころ

LINELIVE(ラインライブ)は2015年にスタートしたLINEが運営する動画配信サービスである。ニコ生とかYouTubeLIVEのようなサービスと言えばわかりやすいだろう。このアプリ、LINE周りの中ではネットビジネス初心者でも稼げる余地がある数少ないコンテンツだと思う。ただ、誰でも稼げるというわけではない。LINELIVEのメリットとデメリットは以下のような感じだ。

・キャッシュポイントがある

LINELIVEでは、視聴者数、コメント・ハート数、ユーザーからおくられるギフトアイテム数などに応じて「LINEポイント」がもらえる仕組みになっている。LINEポイントは現金ではないが、LINEPayやLINEPayカードなどで使えるため買い物などでほぼ現金同様に使える。つまり稼ぐためのキャッシュポイント「投げ銭」のようなものがあるということだ。もらえるLINEポイントの算出は色々な要素が絡むらしくユーザーからもらった額がそのまま加算されるわけではないが、上位配信者は月100万円分のポイントを稼ぐ人もいるようだ。また、現在のところYouTube動画のように自前の広告を使った広告収入を得ることはできないが、配信動画にインストリーム広告が自動で挿入されており、利益の一部が配信者に還元される仕組みになっている。

・参入障壁が低い

LINELIVEはパソコンはもちろん、スマホアプリからも利用できる。つまりスマホひとつあれば利用が可能だ。配信するなら自分のLINEアカウントと紐付ける必要があるが、LINEユーザーなら誰でも無料で配信が可能。また、顔を認識してするスタンプやフィルター機能があり、まんま素顔を晒し続けなくてもいい。作業としては動画を配信すればいいだけなので、youtuberのような動画の編集作業や、アフィリエイトのような難しい作業も必要ない。これらの点を考えれば、参入障壁という意味では低いだろう。

・誰でも稼げるわけではない

LINELIVEのデメリットとしては「誰でも稼げるわけではない」ということだ。まとまった額を稼ぐにはある程度のファンは必須となるため、配信の人気を出さなくてはならない。そのためには「面白い」「可愛い」「イケメン」など、何かしらの強みを持った人でなければ難しいだろう。それにコンテンツ自体若者向けのため、大人では参入が難しいという点もある。また利益をあげ続けていくためには動画の定期的な投稿も必要となるため、不労所得というわけにはいかない。コンテンツ的にもやはり顔出し・半顔出しは必須になるし、SNS特有の炎上や意図しない拡散・アーカイブも懸念点だ。

・LINELIVEだけでは弱い

LINELIVEはyoutuberほどの飽和状態ではないようなので配信で稼げる可能性もまだあるように思うが、まとまった稼ぎが得られるような上位に食い込むのは簡単ではないだろう。いずれにしろ、LINELIVEの収益性は今のところ高いとは言えず、稼げる余地があると言っても単体では弱い。より収益性の高いYouTubeLIVEのチャンネルが持てるようになるまでファン獲得のためのツールに使うとか、ブログやホームページなどに誘導するための宣伝ツールにするなど、使い方を工夫したほうが収入に繋がるように思う。

「Instagramで稼ぐ」系情報とそのツッコミ所

f:id:syufufukugyou:20171012015035j:plain

Instagram(インスタグラム)はご存知の通り、写真に特化したSNS。世界中に7億人ものユーザーがいる化物コンテンツだ。日本でも若者を中心に1600万人を超すユーザーが誕生し、新世代のコミュニケーションツールとして台頭してきている。

驚いたことに、このInstagramを使って月に100万円以上を稼ぎ出す「インスタグラマー」と呼ばれるユーザーも登場してきているという。そのような人たちの活躍を知ってか、自分もインスタ副業で稼ぎたいという人が増えている。

実はInstagramの作りは、一般ユーザーにとってはLINEより遥かに稼ぐのが難しい仕組みになっている。にも関わらず「稼いでいる人もいる」という情報だけが一人歩きしているため「自分にも稼げるかも」と思い違いをする人が少なからずいるようだ。その結果Instagramの一部界隈では、そういったユーザーを狙う怪しいビジネスやあからさまな詐欺が横行する状況になってしまっている。

 

Instagramで稼ぎにくい理由

・投稿内にURLが貼れない

Instagramはなぜ一般ユーザーが稼ぎにくいのか。その一番の理由は、Instagramの仕様では投稿内にURLが貼れないという所だ。一応文字列としては貼ることができるのだが、リンクとしては機能しないようになっている。InstagramでURLリンクを貼ることができるのは唯一プロフィール画面のみである。URLが貼れなくて困るのは、キャッシュポイント(例えばアフィリエイトなど、お金が発生するコンテンツ)へ誘導するのが極めて難しくなることだ。プロフィールを辿ってURLを見てくれる人などほとんどいないからだ。

・フォロワーが少ないと話にならない

インスタで稼ぐための手段は、ほとんど企業からのオファーしかない。そもそもインスタで稼いでいるインスタグラマーと呼ばれる人達は、そのほとんどが元々万単位のフォロワーを持つインフルエンサーだ。そのインフルエンサーの持つカリスマ性・フォロワーが持つ拡散力などに宣伝効果を見出した企業がその人に対してオファーを出し、その企業の製品を宣伝してもらうなどした時、やっとお金が発生するのである。フォロワーが一万人にも満たないような一般的なユーザーではとても真似のできない仕組みなのだ。

・その他の手段の少なさ

その他Instagramでお金を得ようとするなら、自分が投稿した写真をInstaprintsやTwenty20などでスマホケースなどのグッズを作成して物販するといった手段があるが、こうした物販が充分に売れるとは考えにくい。また、インスタ上の写真を販売できるSnaplaceというサービスが現在準備中だというが、プロの写真ですら価値が下がってきているこの時代、相当安く買い叩かれるように思う。場合によってはノーギャラでの掲載依頼もあるらしく、無断掲載に近いことをされそうな嫌な気配だ。現在これら以外にInstagramでお金を稼げる有効な手段はほぼ皆無と言ってよく、選択肢に乏しいのが現状である。

詐欺まがいビジネスの横行

上記でも触れたが、現在Instagramでは「インスタを使って稼ぐ」系の詐欺まがいビジネスが横行している。ここではInstagramでよくある詐欺まがいビジネスを見ていこう。

お金やブランドバッグなどを背景にし、お金系のハッシュタグ(#稼ぐなど)が山ほどついていて、「スマホひとつで稼ぐママ!」「インスタ投稿で稼ぎまくる♪」「今やらないでいつやるの?」といったクソ寒い文字入りの画像を見たことはないだろうか?

こういった投稿にはLINE@などの連絡先が書いてあり、インスタで稼ぐ在宅副業の秘密が知りたかったら連絡してね!という誘導が仕込まれている。連絡すると、「ビジネスを始たいなら初期費用として◯万円かかるけど、絶対稼げるよ!」といった、いわゆるねずみ講的ビジネスであることがわかる。

インスタに跋扈している怪しい会社は主に次のようなものがある。
ECサイトのシステムを販売しているという名目の「IQspec」
FX、バイナリーオプション、転売などの情報を販売する「Regaltree」
旅行会員権のネットワークビジネス「リゾネット」
その他「ゲーミングアフィリ」「カシャカシャビジネス」「荷受け代行」などといった単語も目についたが、恐らく他にも無数の業者がいるだろう。

全体的に言えるのは「インスタで稼げる」と謳うものはまずもって嘘。フォロワーが万単位でいなければインスタで稼ぐのは不可能と言っても過言ではない。インスタを使わないパターン(FX等)でも、初期費用がかかるものやセミナーに誘ってくるものはマルチまがいビジネスと考えてほぼ間違いないだろう。最近は3000円程度の少額詐欺も流行っている。インスタとお金は切り離して考えるべきだろう。

LINEやInstagramで詐欺にあってしまったら

f:id:syufufukugyou:20171012015834j:plain

もしインスタやLINEで詐欺にあってしまったらどうすればいいだろうか。こういった詐欺は最初に気付かれないように色々策を巡らされており、騙されたと気づいた時には既にお金を払ってしまっていた場合も多い。しかし時間が経っていても対応できることはある。諦めずにできることをやってみよう。

消費生活センター等では、商品やサービスなど消費生活全般に関する苦情や問合せなど、消費者からの相談を専門の相談員が受け付け、公正な立場で処理にあたっています。

消費生活センターは地方公共団体が運営する消費者のための相談業務などを行う機関。ネット詐欺にあったら適切な対応を知るためにもまず消費生活センターに相談するのがいいだろう。消費者センターは全国500箇所以上の窓口があるため、住んでいる地域のセンターに連絡しよう。体制は自治体によって様々だが、主に平日の10時~16時頃まで相談を受け付けている。土日祝日でも10時~16時の間なら国民生活センターで電話相談できる。ネット上で相談したいなら法律特化型Q&Aサイトの「弁護士ドットコム」がいいと思う。知恵袋形式で相談を投稿すると弁護士が無料で回答してくれる。他の相談者のQ&Aも見られるため参考になるだろう。

悪徳商法、訪問販売、エステなどを解約するクーリングオフ。このサイトでは、クーリングオフについて、はじめての人にもわかりやすく解説しています。

クーリングオフ制度を使えば期間内であれば契約を一方的に無条件で解除することができる。例えばマルチ商法などの場合、契約書面を受け取った日から20日以内、商品の受け取りの方が後ならその日から数えて20日以内であればクーリングオフが適用できる。ネット通販で商品を買った場合など一部クーリングオフできないケースもあるが、詐欺業者のほうが一方的にできないと言っていても本当はできることも多いので諦めず確認しよう。また、法定の契約書面を受け取っていない場合や、書面に法的の項目が記載されていない場合など、クーリングオフ期間を過ぎてもできるケースがある。やり方や個別のケースによる詳細も消費生活センターに問い合わせれば教えてくれるはずだ。

最後に

このページではLINE・Instagramで稼げる系情報の仕組みや嘘を検証するのも目的だったが、同時に本当に儲かる可能性が高い方法を探すというのも目的にしていた。

しかし調べるほどに、一般ユーザーがこれらで稼ぐのはキツいな~と感じた。
やり方を工夫すれば稼ぐのも不可能ではないかもしれないが、効率と持続性は相当悪いんじゃないかと思う。これならブログやホームページのほうが稼げる可能性が高いし、不労所得に近づけられる分魅力があると思うのだが。

ともあれ、LINE・Instagramで稼ぐのは難しいという事だけは間違いなく言える。